top_1 top_2 top_3 top_4 top_5

 

group_title_s

liaison_menu1 liaison_menu2 liaison_menu3 menu7

 

グループホームとは?

グループホームとは、認知症高齢者がグループで暮らす地域密着型の共同生活の場です。お住まいの方々は、5~9人のユニット単位で、互いに生活の中で役割分担を行いながら自立した生活をいとなむ事を目的としており、グループホームくぬぎの介護スタッフは、自立生活のサポートを行います。
 グループホームくぬぎでは、日常生活上の支援を通じて、心身の機能向上の機会や地域での活動・参加の場面を創り、お住まいになる方がいつまでもいきいきと自分らしく暮らしていけるよう支えていきたいと考えています。
 グループホームくぬぎでは、その人ができる事を一つでも増やし、安全で安定した日々が送れるように、多職種が連携・協力して認知症ケアに取り組み、ご利用になる方々の日々の元気を支えたいと願っています。

noimage noimage

施設概要

施設主体 社会福祉法人 春秋会 リエゾン長崎
法人代表 川副 巧成
施設名 グループホームくぬぎ(橡)
所在地 長崎市江川町92番地
構造 軽量鉄骨2階建(2階)
入所定員 9名
建物設備 居室・食堂・相談室・静養室・個室浴室・トイレ(2箇所)・ホームエレベーター
消防設備 消火器(粉末消火器)、スプリンクラー、自動火災報知設備、避難器具、誘導灯
利用対象 要支援2及び要介護認定をお持ちの方(認定をお持ちで無い場合でもお気軽にご相談ください)。
利用料金 介護保険法の規定に基づき、要支援・要介護状態に応じた介護報酬の1割を自己負担分としてお支払いいただきます(公費負担制度有り)。
サービス内容 ● 日常生活上の世話:グループホームのスタッフが共同で日常生活のサポートを行います。
● 食事サービス:旬の食材でご満足いただけるお食事を提供いたします。
● 入浴サービス:個室浴室にて入浴サービスを行っています。
● 各種生活相談:介護計画作成担当者が皆様のご相談をお受けいたします。