top_1 top_2 top_3 top_4 top_5

 

facility_1

ケアハウスとは

ケアハウス(軽費老人ホームC型)とは、社会福祉法人等で運営される社会福祉施設であり、自立はしているが独立生活に不安のある高齢者が主に利用しています。また「介護(特定施設)型」として、軽度から中重度の要介護状態の高齢者を受け入れている所もあります。

ケアハウスは、たとえば、身寄りがない、または家庭環境や経済状況などの理由により家族との同居が困難な高齢者が、自治体の助成を受けて有料老人ホームよりも比較的低い費用で利用できる施設です。

介護が必要なときには一般の在宅と同じ様に、訪問介護や通所介護などの介護保険サービスが利用できる高齢者の新しい住まいの形として、その活用が推進されています。

詳細を見る>>

facility_4

デイサービスとは

ご利用になる方が、いつまでもいきいきと自分らしく暮らしていけるように、リハビリテーションやケアを通じて、心身機能を向上させる為の機会や、活動・参加の場面を提供するサービスです。また、デイサービスくぬぎでは、要支援1・2の方への運動器の機能向上、要介護1〜5までの方への個別機能訓練に積極的に取り組んでいます。

デイサービスくぬぎでは、その人ができる事を一つでも増やし、自信と意欲を持って日々の暮らしと向き合う事ができる様に、看護スタッフも介護スタッフも一体となってリハビリテーション活動に取り組み、ご利用になる方々の日々の元気を支えたいと願っています。

詳細を見る>>

facility_5

グループホームとは

グループホームとは、認知症高齢者がグループで暮らす地域密着型の共同生活の場です。お住まいの方々は、5〜9人のユニット単位で、互いに生活の中で役割分担を行いながら自立した生活をいとなむ事を目的としており、グループホームくぬぎの介護スタッフは、自立生活のサポートを行います。

グループホームくぬぎでは、日常生活上の支援を通じて、心身の機能向上の機会や地域での活動・参加の場面を創り、お住まいになる方がいつまでもいきいきと自分らしく暮らしていけるよう支えていきたいと考えています。

グループホームくぬぎでは、その人ができる事を一つでも増やし、安全で安定した日々が送れるように、多職種が連携・協力して認知症ケアに取り組み、ご利用になる方々の日々の元気を支えたいと願っています。

詳細を見る>>

facility_2

居宅介護事業所とは

居宅介護支援とは、ケアマネジャーが行うケアマネジメントの事を言います。ご自宅での暮らしに不安や不具合がある時、日々の生活に何らかの支援が必要だと感じる時、ケアマネジャーにご相談ください。ケアマネジャーは、暮らしの支援の専門家として、在宅介護サービス全般の相談や調整を担っています。
 居宅介護支援事業所 リエゾン長崎では、日常生活上の支援を通じて利用者の皆様の活動・参加の機会を創りたいと考えています。そして、ケアマネジャーは、その人の心身の状態、生活環境、様々な地域の資源など、フォーマルなものもインフォーマルなものも総合的に活用しながら、その人がいつまでもいきいきと自分らしく暮らしていく為の支援の計画を創ります。
 居宅介護支援事業所 リエゾン長崎とそのケアマネジャーは、暮らしの課題を専門的な視点で分析し、地域の資源を総合的活用しながら安全で安定した日々を送る為の介護支援計画を通じて、ご利用になる方々の日々の元気を支えたいと願っています。

詳細を見る>>

facility_3

ヘルパーステーションとは

ヘルパーステーションとは、在宅(ケアハウス、サービス付き高齢者住宅、有料老人ホーム等を含む)で生活される方が介護を必要とする時、その人らしい暮らしを支えることを目的に、生活支援や身体介護等の介護サービスを提供する訪問介護事業所のことです。
 もし、その人が、介護が必要な状態となっても在宅生活を送りたいと願う時、家族が介護を担うことになります。しかし、その人の介護状態が重度化すれば、ご家族の負担は相当なものとなり、専門的な支援が必要となる場面があります。ヘルパーステーションは、生活援助や身体介護のサービスを通じて、その人ができる事を支援し、困難な場面を援助する事で、その人らしい暮らしを支えるのと当時に、介護負担著しご家族の負担も軽減させることができます。
 ヘルパーステーション リエゾン長崎のヘルパーは、その人の暮らしに寄り添い、その人ができる事を一つで増える様にご支援しながら、安全で安定した日々が送れるよう多職種と連携・協力して訪問介護に取り組み、ご利用になる方々の日々の元気を支えたいと願っています。

詳細を見る>>